TOPICS

スガイディノス、映画語るってよ(仮)Film-15.s

サツゲキスタッフが思い思いに上映作品を綴る『スガイディノス、映画語るってよ(仮)』第15回目です。

サツゲキ オープン1周年を記念しまして「アフリカン・カンフー・ナチス」です。

 


「アフリカン・カンフー・ナチス」

第2次大戦後、アフリカのガーナに逃げ延びたヒトラーと東條英機は現地を制圧し、魔術的パワーを秘めた「血塗れの党旗」を用いて人々を洗脳。
世界侵略のための新たな拠点を築いていた。ヒトラー達によって地元のカンフー道場を潰され、恋人を奪われた青年アデーは復讐を誓い、最強のカンフーを習得するため過酷な修行に励むのだが……。

トンチキな設定と、某バンドを思い出すようなタイトルにとても心を惹かれて鑑賞しました!

予想通りのハチャメチャ展開に、開始数分で察して、深く考えることを諦めました。

しかしこのハチャメチャ設定に対して、
アクションシーンがかなり本格的なんです!
こんなに力入れる??って驚くレベルです。
発声可能な応援上映会とかしたくなる程には結構アツいアクションです。

そして何気に王道少年漫画のような感じというか、
主人公の成長や、仲間との別れ、宿敵との戦いなど、
普段マンガやアニメに馴染みのある方も楽しめそうな、テンポの良いストーリー展開です。

あまり明るいニュースばかりじゃない、こんな時だからこそ、
映画の話題で笑いたいなぁという方に、是非是非見て欲しい作品です!

個人的にツボったシーンは、
東條英機が戦う前に上裸になるシーンがあるんですが、
日焼け跡がじわじわ面白いので是非注目してみてください。

スタッフ ハヤシ

 

 

■作品情報はこちらをクリック