MOVIE INFO

旭川 苫小牧

2/14(金)公開「1917 命をかけた伝令」第77回ゴールデングローブ賞 作品賞(ドラマ部門)&監督賞【サム・メンデス】 主要2部門受賞

日本時間1月6日(月)、アカデミー賞の最も大きな前哨戦ともいわれ、映画賞のハイライトの一つでもある第77回ゴールデングローブ賞の授賞式が行われ、見事、【作品賞】(ドラマ部門)&【監督賞】(サム・メンデス)の主要2部門受賞!

本作は、若き兵士たちがミッションに立ち向かう姿をより臨場感たっぷりに映し出すため、カメラが常にキャストを追い回すワンカットという撮影手法を用いた。全編を途切れることなくひとつながりの映像で見せる【ワンシーン ワンカット】は、登場人物の感情の流れや臨場感を表現する<長回し>として多くの監督がその手法を取り入れてきたが、本作でも、2人の主人公たちの行動に寄り添い、物語への究極の没入感へ導くため、約2か月の撮影期間を経て【全編を通してワンカットに見える映像】を創り上げた。サム・メンデス監督は「完璧に途切れなく物語を描くために、全てにおいて秒単位まで計算されるなど緻密な調整をした」「特にリハーサルについては、今までの過去のどの作品よりも時間を費やした」と話し、「自身のキャリアにおいて、最もエキサイティングな仕事だった」と語る。

その言葉通り、海外主要メディアでは、「『1917 命をかけた伝令』は2019年度で最高の映画」(フォーブス)、「サム・メンデス監督は西部戦線の恐怖をワンカットの最高傑作として昇華させた」(ガーディアン)、本作は賞レースに遅れての参加となったが、アカデミー賞複数部門の最有力候補となるだろう。本年度はタランティーノとスコセッシのオスカー常連監督が圧倒しているが、そこにサム・メンデス監督が加わることになるだろう。」(ニューヨーク・タイムズ)と絶賛評価が続々。映画批評サイト「Rotten Tomatoes」の一般観客(AUDIENCE SCORE)指数は “95%フレッシュ”の高評価(日本時間1月6日(月)時点)を獲得、先月末から北米で限定公開されているが館アベレージが高く大ヒットしている。現時点でゴールデングローブ賞含め、37の賞、118部門で受賞&ノミネート(宣伝調べ:受賞とノミネーションの合計※ノミネーション後に受賞したものは、ノミネート数時点でカウント)を記録しており、来週ノミネート発表がある「アカデミー賞」への期待も高まる。

2/14(金)より旭川、苫小牧で上映。